J-Medical 医学事典

トップページ > 呼吸器内科 > 無気肺


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_65.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_65.html on line 43

無気肺

無気肺は、肺の一部や全体の空気が減少したり、全く入らない部分ができる状態である。 【原因 Cause】 肺や気管支が閉塞、圧迫されるのが原因である。肺繊維症や自然気胸、肺水腫、放射線肺臓炎等で肺が収縮したときや、心臓肥大や大動脈瘤で肺が圧迫されたときに起こる。全身麻酔の手術後の起こることもある。また気管支の内腔が腫瘍や炎症、痰等の異物で閉塞されて、肺胞に空気が入らなくなった場合にも起こる。 【症状 Symptoms】 ・咳 ・痰 ・胸部圧迫感 ・胸痛 ・呼吸困難 ・発熱 【治療 Treatment】 第一に、原因となった病気の治療が行われる。気管支が閉塞された場合は、異物を取り除いたり、腫瘍を切除したりする手術を実施する。  気管支の内部に外科的処置による出血により進入した血液や、気管・気管支内にある線毛が機能しないことにより貯留した痰、誤嚥した異物、気道を閉塞する腫瘍などが原因となり、それよりも末梢の肺に空気が入っていないため、肺の一部が虚脱した状態にある。 放置しておくと肺炎なども引き起こすため、早期の治療が必要となってくる。 痰による場合、強い咳嗽によって排痰などを促していくようにするが、排出できない場合には吸引を行い強制的に排出する。 また、線毛運動を抑制するというところで、呼吸器外科手術だけでなく全身麻酔を用いた手術でも発症する可能性がある。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』