J-Medical 医学事典

トップページ > 婦人科・産婦人科 > 絨毛がん


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_628.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_628.html on line 43

絨毛がん

絨毛がんは、胎盤の絨毛細胞ががん化するものである。

【原因 Cause】
異常妊娠の胞状奇胎(ぶどうっ子)の後に発生することが多い。40代以上の女性に多い。急速に全身に転移し、肺、脳への転移で死亡することがある。

【症状 Symptoms】
・胞状奇胎
・流産
・分娩後の不正出血

【治療 Treatment】
化学療法が有効である。手術療法、放射線療法も行う。

絨毛、微絨毛ともに栄養を助けるために小腸の表面積を増やす仕組みであり、この絨毛と微絨毛によって小腸の表面積は約600倍にも拡大される。微絨毛には毛細血管およびリンパ管が分布しており、ブドウ糖やアミノ酸は毛細血管から、脂肪酸・グリセリンはリンパ管より吸収される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』