J-Medical 医学事典

トップページ > 婦人科・産婦人科 > 陣痛異常


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_616.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_616.html on line 43

陣痛異常

陣痛異常は、陣痛が通常と異なるもので、弱すぎる微弱陣痛と、強すぎる過強陣痛がある。

【原因 Cause】
微弱陣痛・・・多胎妊娠、羊水過多、骨盤位、子宮筋腫等
過強陣痛・・・巨大児、子宮収縮剤の使用過多等

【症状 Symptoms】
・微弱・・・陣痛が弱く出産時間がかかりすぎる
・過教・・・陣痛が強く子宮疲労、母体にチアノーゼ

【治療 Treatment】
子宮収縮剤、子宮収縮抑制剤、鎮痛剤等を使う。吸引分娩、帝王切開の場合もある。



陣痛とは、出産を前に子宮がくり返す規則正しい収縮のこと。またそのときに母体が感じる痛み。初期には間隔も長く、「腹が張る」「硬くなる」といった程度だが、お産が進むに連れて間隔が短くなっていき、収縮の度合もきつくなり「痛み」を認識するようになる。
最も強い段階では、俗に「障子の桟が見えなくなるほど」と形容され、妊婦がパニックを起すこともある。しかし感じ方には個人差が大きい。またラマーズ法その他による精神・肉体両面の準備があればある程度、感じ方を軽くすることも可能である。
全く痛みを感じずに分娩を希望する場合は、「硬膜外腔麻酔」による「無痛分娩」を選択することになるが、すべての症例において完全な除通を達成できるわけではない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』