J-Medical 医学事典

トップページ > 婦人科・産婦人科 > 常位胎盤早期剥離


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_611.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_611.html on line 43

常位胎盤早期剥離

常位胎盤早期剥離は、分娩前に子宮の中で、母体と胎児をつなぐ胎盤がはがれるものである。

【原因 Cause】
妊娠中毒症等が原因となる。

【症状 Symptoms】
・腹部の痛み
・性器出血

出血で母体がショック状態になると、危険である。

【治療 Treatment】
帝王切開をするか、胎児死亡の場合は手術をする。



検査
外診
子宮底の上昇、緊張、膨大、圧痛
腹壁緊張し、胎児部分を触れにくい
内診
卵膜の緊張
超音波断層法
胎盤後血腫像
胎児ジストレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』