J-Medical 医学事典

トップページ > 婦人科・産婦人科 > 多胎妊娠


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_607.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_607.html on line 43

多胎妊娠

多胎妊娠は、2人以上の胎児を妊娠するもので、双子、三つ子等である。

【原因 Cause】
遺伝が関係すると言われる。未熟児や妊娠中毒症の合併を起こしやすい。

【症状 Symptoms】
・通常より腹部が大きい
・胎動の範囲が広い

【治療 Treatment】
早産の危険がある場合は、処置をとる。



稀に、一卵性双胎、二卵性双胎が生まれる(⇒双生児)。現在では人工授精などの不妊治療により、三つ子(三胎)、四つ子(四胎)が生まれることもある(⇒多胎児)。Hellinの法則によるとn胎の発生する確率は80のn-1乗に1例である。多胎妊娠は妊娠経過中に多々の合併症を生じることも多く、出生予後も単胎に比べると良くない。そのため体外受精の時に子宮内に戻される受精卵の数は3個までと日本産科婦人科学会によって会告で通達されている。
排卵後に受精しなかった場合は月経が起こり、肥大した子宮内膜は、経血として体外に排出される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』