J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 甲状腺がん


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_596.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_596.html on line 43

甲状腺がん

甲状腺がんは、代謝ホルモン分泌を司る甲状腺に発生するがんである。うち80%は腺がんである。40歳以下の年代、女性に多い。

【症状 Symptoms】
・喉の圧迫感
・声のかすれ
・首中央の腫れ

【治療 Treatment】
摘出手術、放射線療法、化学療法を行う。



分類
乳頭癌
頻度は80%。硬い結節を持ち、表面に凹凸がある。病理学的には微細な石灰化(砂粒小体)をもつ。周囲のリンパ節転移が多い。
濾胞癌
頻度は10~15%。結節は比較的やわらかい。肺などに血行性転移が多い。
未分化癌
頻度は3~5%。硬い結節を持ち、周辺部と癒着している。乳頭癌、濾胞癌を母地として発生する。比較的高齢者に多く、甲状腺腫が急速に増大する。極めて悪性であり予後不良である。
髄様癌
頻度は3~5%。硬い結節を持ち、両葉に浸潤することも多い。家族性発症が見られる。傍濾胞細胞由来で多発性内分泌腺腫症として出現することが多く、褐色細胞腫の合併に注意が必要である。CEA、カルシトニンが上昇する。
悪性リンパ腫
橋本病を母地として発症する。橋本病患者で甲状腺腫が急速に増大した時は積極的に疑う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』