J-Medical 医学事典

トップページ > 外科 > 肝臓がん


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_588.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_588.html on line 43

肝臓がん

肝臓がんは、肝臓に発生するがんである。原発性(肝臓細胞から発生)と転移性(他臓器からの転移)がある。

【原因 Cause】
ウイルス性肝炎から起こる肝硬変に続いて発症することが多い。肝不全、転移を起こしやすく、再発しやすい。原発性のものは、胃がんや肺がんに次いで、日本人の発症が多い。

【症状 Symptoms】
・初期・・・自覚症状はない
・進行・・・だるさ、腹痛、腹部膨満、食欲不振、黄疸、衰弱、嘔吐

【治療 Treatment】
手術療法、化学療法、放射線療法等を実施する。腫瘍凝固療法や部分切除技術等、新しい治療法が開発されている。



分類
上皮性腫瘍
良性:肝内胆管腺腫など。
悪性
肝細胞癌:肝臓の実質である肝細胞から発生する癌。日本では原発性肝癌の約90%を占める。慢性肝炎や肝硬変を母地として発生する。
胆管細胞癌(肝内胆管癌):肝臓内の胆管から発生する癌。日本では原発性肝癌の5%程度。
そのほか稀なものとして上記の混合型や肝芽腫などがある。
非上皮性腫瘍
良性:血管腫など。
悪性:血管肉腫など。
その他の腫瘍:孤在性線維性腫瘍など。
造血細胞性およびリンパ性腫瘍
二次性腫瘍(転移性肝癌):他の臓器のがんが肝臓に転移したもの。頻度が高いのは、胃癌・大腸癌・膵癌・肺癌・乳癌などである。
腫瘍に類似した、上皮の異常:過形成、異形成など。
その他の腫瘍類似病変

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』