J-Medical 医学事典

トップページ > 外科 > 胃がん


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_582.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_582.html on line 43

胃がん

胃がんは、胃の粘膜にがんが発生し、外側の組織に向かって進行するものである。日本人のがん発症率で、つねにトップグループにある。中高年男性に多い。

【症状 Symptoms】
・初期・・・自覚症状はない
・進行・・・腹痛、胸やけ、吐き気、嘔吐、もたれ、食欲不振、腹水、吐血、下血
・他臓器への転移・・・脱水症状、タンパク血症、臓器障害

【治療 Treatment】
手術、化学療法、免疫療法を実施する。早期なら内視鏡切除で治癒する。進行すると摘出手術となる。



胃がんではじめに出現する症状は上腹部の不快感、膨満感などであることが多い。これらの症状はがん以外の消化器疾患、たとえば慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍でも認められ胃がんに特異的なものではない。これらの他の上部消化器疾患の症状に続いて、胃がんが進行すると腫瘍からの出血に伴う症状が出現する。便が黒色となったり、軟便傾向となる。さらに胃がんからの出血がつづき、貧血が進行すると、貧血による自覚症状、たとえば運動時の息切れ、易疲労感などの症状が現れる。さらに進行すると腫瘍の増大に伴い腹部にしこりを触れたり、食物の通過障害、閉塞症状が現れることがある。このような症状を持つ人々は医師の診察を受けるべきである。日本では普通、消化器内科、消化器科の医師が専門的な診療にあたっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』