J-Medical 医学事典

トップページ > 精神科 > アルコール依存症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_574.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_574.html on line 43

アルコール依存症

アルコール依存症は、慢性アルコール中毒とも呼ばれ、アルコールが切れると、日常生活に支障をきたすような症状が現われるものである。

【原因 Cause】
長年のアルコール摂取によって起こる。社会的、家庭的ストレス等も誘引となる。

【症状 Symptoms】
・酒量が増える
・禁断症状・・・発汗、手のふるえ、不眠、幻覚

脳や肝臓、胃の合併症を起こしやすい。悪化すると、コルサコフ症候群(時間、場所の見当識を失う】等に罹患することもある。

【治療 Treatment】
禁酒をし、精神安定剤、向精神薬を使う。



日本では統計的にほぼ毎日純アルコール量で150ml(日本酒約5合半、ビール大瓶約6本、ウイスキーではダブルで約6杯)以上飲む習慣のある人を「大量飲酒者」と呼んでおり、厚生労働省でもこの大量飲酒者をアルコール依存症とみなしているようである。一方で、厚生労働省では健康日本21で掲げる適正飲酒という概念があり、これは1日平均純アルコールで約20g程度である。中年男性の3割以上が適正外飲酒に相当し、その多くはほぼ毎日常習しているので、アルコール摂取のコントロールが失われており、問題視されてきている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』