J-Medical 医学事典

トップページ > 精神科 > 神経症(ノイローゼ)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_570.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_570.html on line 43

神経症(ノイローゼ)

神経症(ノイローゼ)は、心因性精神障害のひとつで、疾患等の原因なく、心身に障害が起きるものである。

【原因 Cause】
多くは、目前の環境に適応できず、不安感にとらわれて精神的バランスが崩れることで起きる。症状により、強迫神経症、不安神経症、ヒステリー、恐怖症等に分類される。

【症状 Symptoms】
強迫神経症・・・ささいな考えが頭から離れなくなる。
不安神経症・・・過剰な不安感が続き、動悸や息苦しさ、手足のしびれ等がある。
ヒステリー・・・声が出ない、立てない等の身体症状が人前で出る。健忘、二重人格もある。
恐怖症・・・赤面恐怖、対人恐怖、高所恐怖、閉所恐怖、不潔恐怖等。

【治療 Treatment】
抗不安剤、抗うつ剤、精神療法、行動療法、暗示療法、麻酔分析療法等を行う。

神経症(しんけいしょう)とは、精神医学用語で、主に統合失調症や躁うつ病などよりも軽症であり、病因が器質的なものによらない精神疾患のことをさす。軽度のパニック障害や強迫性障害などがこれにあたるであろう。これらはかつて、不安神経症、強迫神経症と呼ばれていた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』