J-Medical 医学事典

トップページ > 婦人科・産婦人科 > 不妊症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_568.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_568.html on line 43

不妊症

不妊症は、妊娠の希望がありながら、2年を経過しても妊娠しないものである。

【原因 Cause】
女性・・・卵巣障害、子宮障害、卵管障害、強いストレス等
男性・・・無精子症、精子減少症、精管閉鎖、陰茎の勃起不全等

【症状 Symptoms】
・妊娠の希望があって、2年以上妊娠しない

【治療 Treatment】
女性・・・排卵を起こすホルモン治療、手術的治療
男性・・・ホルモン療法
他に人工受精、体外受精の手段もある。




影響と問題点
不妊治療については宗教上の問題など、倫理的な面からの問題が発生している。 体外受精については、有効であるものの費用が高額であることが問題視されており、公的扶助の必要性が指摘されている。また、体外受精によって起きることのある多胎も危険性が指摘されている。
不妊によって夫婦間の仲に問題が発生することがある。不妊は女性における鬱病率をガン告知や心臓病と同レベルに向上させるとされる。不妊治療は夫婦仲の改善に有効である場合と逆効果である場合の両方がある。また、不妊治療が羞恥心を刺激するとの指摘もある。
特に閉鎖的な社会制度においては、不妊であることによって社会的な圧力を受けることがあり、社会制度的な問題点であると指摘を受けることがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』