J-Medical 医学事典

トップページ > 婦人科・産婦人科 > バルトリン腺嚢胞・バルトリン腺炎


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_564.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_564.html on line 43

バルトリン腺嚢胞・バルトリン腺炎

バルトリン腺嚢胞は、バルトリン腺の開口部に分泌物が溜まったもの、バルトリン腺炎は、感染による炎症である。

【原因 Cause】
炎症は、大腸菌、化膿菌、淋菌等の感染が原因である。

【症状 Symptoms】
・腫れ、痛み、灼熱感
・悪化・・・膿、大きな腫れ

【治療 Treatment】
抗生物質を使う。切開で排膿する。安静にする。



バルトリン腺(―せん)は、大前庭腺とも呼ばれ、女性の膣口からわずかに入ったところの左右に位置している2つの分泌腺である。それらは、粘液(バルトリン腺液)を分泌して、膣分泌液と混ざり潤滑さを促進する。とりわけ、女性が性的覚醒状態にある時に分泌されるので、性交渉を促進することになる。 このことが最初に記述されたのは17世紀で、デンマークの解剖学者キャスパー・バルトリン(孫)(1655 - 1738)による。いくつかの情報源において彼の祖父であり神学者で解剖学者のキャスパー・バルトリン(祖父)(1585 - 1629)が発見したと誤って記述されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』