J-Medical 医学事典

トップページ > 婦人科・産婦人科 > 子宮位置異常


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_558.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_558.html on line 43

子宮位置異常

子宮位置異常は、子宮後屈や子宮下垂等、子宮の位置が通常と異なるものである。

【原因 Cause】【症状 Symptoms】
子宮後屈・・・子宮内膜症等の疾患や先天性により、通常前屈している子宮が後方に傾いている。
子宮下垂・子宮脱・・・多産や体質的な原因から、子宮が膣入り口まで下りたり、一部が膣からはみ出し             てしまう。

【治療 Treatment】
手術やペッサリーで治療をする。




ヒトの子宮は、厚い筋肉の壁でできた袋状の構造をしている。非妊娠時の大きさは上下に6~8 cm程度、幅が4~5 cm程度で、骨盤内に膣の上端とつながって存在する。子宮の上端部を子宮底、下部を子宮頸(部)と呼ぶ。子宮頸部はその下側では外子宮口を介して膣とつながり、子宮底の左右端は卵管とつながっている。受精卵が着床するのは子宮底の場合が多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』