J-Medical 医学事典

トップページ > 婦人科・産婦人科 > 無月経


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_552.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_552.html on line 43

無月経

無月経は、18歳を過ぎても初潮を迎えなかったり(原発性無月経)、月経が2~3ヶ月以上なくなったり(続発性無月経)するものである。

【原因 Cause】
原発性無月経・・・子宮、卵巣等の発育不全、染色体異常、脳下垂体等の障害、処女膜、膣の閉塞等
続発性無月経・・・過激なダイエット、スポーツ、糖尿病、腎臓病、妊娠等

【症状 Symptoms】
・適齢で初潮がない
・3ヶ月以上月経がない

【治療 Treatment】
原因により、ホルモン療法や手術をする。基礎体温のチェックも必要である。



原因別分類
続発性無月経は非常に頻度が多い疾患であり、特に視床下部性のものが多い。原発性無月経は極めて稀である。
視床下部性
原発性としてはカルマン症候群、フレーリヒ症候群、ローレンスムーンビードル症候群などがある。続発性としてはキアリフロンメル症候群、アルゴンツデルカスティーユ症候群、神経因性食欲不振症、体重減少性無月経などがあげられる。
下垂体性
原発性としては先天性ゴナドトロピン欠損症などがあげられる。続発性としてはシーハン症候群、フォーブスオールブライト症候群、下垂体腺腫などがあげられる。
卵巣性
原発性としてはターナー症候群などがあげられる。続発性としては多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、早発卵巣機能不全、卵巣摘出などがあげられる。
子宮性
原発性としてはロキタンスキーキュスターハウザー症候群、子宮奇形などがあげられる。続発性としてはアッシャーマン症候群、子宮内膜炎などがあげられる。
腟性
原発性として処女膜閉鎖症、腟閉鎖症があげられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』