J-Medical 医学事典

トップページ > 泌尿器科 > 包茎


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_550.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_550.html on line 43

包茎

包茎は、成長しても、亀頭が包皮で覆われているものである。

【原因 Cause】
成長過程で、包皮が根元のほうに反転しないのが原因である。亀頭が全く露出しないものを真性包茎、勃起時等に包皮が反転するものを仮性包茎と言う。

【症状 Symptoms】
・真性包茎・・・排尿障害

亀頭の恥垢が亀頭包皮炎や陰茎がんの原因となることがある。

【治療 Treatment】
真性包茎は切開手術をする。



器官の発生過程において、亀頭と包皮は表皮が繋がっており、発育と共に亀頭と包皮は分離する。分離がすべて終わって、包皮を反転し亀頭を全露出することが可能になる時期は、誕生期から思春期の終わりまで、個体によって非常に大きな差がある。ヒトにおいて統計的には、半数が約10歳までに包皮を反転可能になり、残り半数は思春期の終わりまでに反転可能になることが知られている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』