J-Medical 医学事典

トップページ > 眼科 > 老眼(老視)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_477.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_477.html on line 43

老眼(老視)

老眼は、水晶体の弾力性が弱くなり、近くのものが見えにくくなるものである。

【原因 Cause】
主な原因は老化である。緑内障、白内障が原因となる場合もある。

【症状 Symptoms】
・目を離さないと近くのものが見にくい

【治療 Treatment】
多焦点のレンズを使うか、老眼鏡で矯正する。



40代から60代にかけて発生する障害。 加齢により水晶体を調節する毛様体の筋力が衰える。 これにより水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、その結果ピントの合う距離範囲が小さくなる。

老視は一般的に近くにあるものが見えなくなると思われがちだが、 実際は調節できる範囲が小さくなる。そのため通常時でピントの合う範囲は普通に見えるが、 調節を必要とする範囲は見えづらくなる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』