J-Medical 医学事典

トップページ > 眼科 > 近視


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_476.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_476.html on line 43

近視

近視は、目の屈折異常のために、光が網膜の前に結像するものである。

【原因 Cause】
主な原因は、遺伝的に眼球が前後に長いためである。角膜、水晶体の屈折率が強い場合や角膜、毛様体の病変でも起こる。

【症状 Symptoms】
・遠くが見えにくい

成人になって視力低下が止まる単純近視がほとんどだが、視力低下が止まらない病的近視は、眼底出血等を起こすことがある。

【治療 Treatment】
メガネ、コンタクトで矯正する。



近視(きんし)は、屈折異常のひとつで、眼球内に入ってきた光が網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態。近眼(きんがん、ちかめ)ともいう。

遠方視の場合に、屈折機能が無限遠まで対応できないためはっきり見ることができない。 逆に近方視の場合は支障は少ない。近視は屈折の問題であり網膜や視神経の疾患ではないので原則的に矯正視力が低下するものではない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』