J-Medical 医学事典

トップページ > 皮膚科 > 爪甲剥離症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_471.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_471.html on line 43

爪甲剥離症

爪甲剥離症は、爪甲の先から根元へ爪がめくれるものである。

【原因 Cause】
細菌感染、薬疹、洗剤の継続使用等で起こる。

【症状 Symptoms】
爪がめくれて黄白色になる。

【治療 Treatment】
原因疾患の治療をし、副腎皮質ホルモン剤を塗布する。



健康な爪は、薄いピンク色をしており表面も滑らかである。しかし、身体が貧血の時には爪下の色は赤みが減少し、爪は血色が悪くなり青白く見える。体調が悪いときなど、この爪の色がピンク色で、オデコなどで計る体温が暖かければ、とりあえず大事ではない、などのように緊急度の評価法の一助ともなる。また、爪を押して白くなったところが再循環によりピンク色に戻ることを確認できれば、心臓は通常どおり循環をつかさどっていることがわかる。

従って、病院受診時、手術などの際は、ネイルアートなどは、望ましくない。 慢性の腎臓病では爪は白くなる。 また、爪の硬さは均等ではない。爪床に接している部分が一番硬く、先端へ伸びる程割れ易くなる。一旦、根元から伸びた爪は損傷を受ければ二度と回復しない。しかし、爪母が残っていれば、再生はする。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より