J-Medical 医学事典

トップページ > 皮膚科 > りんご病(伝染性紅斑)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_463.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_463.html on line 43

りんご病(伝染性紅斑)

りんご病は、乳幼児に多発するもので、頬が真っ赤に腫れる病気である。

【原因 Cause】
原因はパルボウイルスと言われる。治癒後は免疫ができる。

【症状 Symptoms】
・頬に発疹、赤み
・首、腕に発疹
・発熱
・筋肉痛
・頭痛
・胃腸障害

頬の発疹は1週間程度で消失する。

【治療 Treatment】
解熱剤、かゆみ止めの対症療法となる。治癒後1ヶ月程度は、日光、入浴を誘引に再発しやすいので、注意する。



鑑別診断
顔面の蝶形紅斑、四肢の発疹に関節炎を伴うため、全身性エリテマトーデスや関節リウマチなどの膠原病・膠原病類縁疾患との鑑別を要する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』