J-Medical 医学事典

トップページ > 皮膚科 > かぶれ(接触性皮膚炎)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_458.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_458.html on line 43

かぶれ(接触性皮膚炎)

かぶれは、原因となるものに、皮膚が直接触れることで起きるものである。

【原因 Cause】
原因となるのは、酸、アルカリ、化粧品、衣類、化学製品、動植物等である。

【症状 Symptoms】
・皮膚のかぶれ、赤斑、腫れ、びらん

【治療 Treatment】
原因物を避け、患部を冷やす。抗ヒスタミン剤、副腎皮質ホルモン剤等を使う。



診断・検査
一次刺激性接触性皮膚炎(ICD)
アレルギーとは無関係なため、特に検査を行うことはしない。
アレルギー性接触性皮膚炎(ACD)
確実な診断は貼布試験である。パッチテストともいう。疑わしい物質を皮膚に貼付し、48時間後に皮膚の反応を見るという検査である。Ⅳ型アレルギーの代表的な検査法であり、陽性反応は、紅斑・浮腫・小水疱などの湿疹が貼付した部分にできる。(あくまでⅣ型アレルギーなので好酸球やIgEは関与しない。)金属アレルギーの場合は1週間たって陽性反応が出ることもあるため、診断に時間がかかる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』