J-Medical 医学事典

トップページ > 皮膚科 > 皮膚カンジダ症

cancer-df.net - 

皮膚カンジダ症

皮膚カンジダ症は、カンジダという菌の異常増殖で、皮膚粘膜に病変が起きるものである。

【原因 Cause】
湿疹薬の塗布や、病気等で抵抗力が落ちることで、菌の異常増殖を招く。

【症状 Symptoms】
・口腔粘膜に白いコケ状のものが発生、痛み
・皮膚に水泡、膿疱
・指間等が赤くなる

【治療 Treatment】
抗真菌薬を使う。



原因菌
カンジダ症の主用起因菌は、Candida albicans・Candida tropicalis・Candida parapsilosis・Candida glabrata・Candida krusei などがあるが、Candida albicansが主な原因菌である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』