J-Medical 医学事典

トップページ > 呼吸器内科 > 細菌性肺炎


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_45.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_45.html on line 43

細菌性肺炎

種々の病原体の感染で、肺が炎症を起こす肺炎のひとつである。

【原因 Cause】
肺炎球菌をはじめ、インフルエンザ菌等、細菌の感染を原因とする。ほとんどの肺炎が細菌性肺炎である。

【症状 Symptoms】
・咳
・膿性の痰
・高熱
・強度の呼吸困難
・喘鳴
・チアノーゼ
・意識混濁

進行すると命にかかわるので、早い段階で治療が必要である。

【治療 Treatment】
他の肺炎同様、抗生物質の投与が治療の中心となる。また、炎症を抑える抗炎症剤や脱水症状に対して輸液が必要となることもある。



細菌性肺炎が疑われる場合は細菌にあった抗生物質の投与を行うが、原因菌特定には、喀痰培養同定・感受性検査など、時間のかかる事が多く菌の種類を推定して抗生剤の選択を行うことが多い。肺真菌症では抗真菌薬、ウイルス性肺炎では対応した抗ウイルス薬を用いる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』