J-Medical 医学事典

トップページ > 整形外科 > 挫傷(打撲傷)・挫創(すり傷・切り傷)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_433.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_433.html on line 43

挫傷(打撲傷)・挫創(すり傷・切り傷)

挫傷は、外部の強い打撃でできる傷で、皮膚が破れないものである。皮膚に傷が開くのが挫創である。

【原因 Cause】
事故や、台所仕事、転んだり、ぶつかったり等、日常生活中の外部の打撃が原因となる。

【症状 Symptoms】
・挫傷・・・痛み、皮下出血、炎症、発熱、内臓損傷、瘤
・挫創・・・出血、痛み、血行障害、感染症

【治療 Treatment】
傷の洗浄、消毒をして、消炎鎮痛剤等を使う。手術の場合もある。




挫傷
打撃などの外力により内部の軟部組織が損傷したもので、体表に創がないもの。一般に保存的治療が行われる。脳挫傷・肺挫傷のように臓器の損傷を指すこともある。
挫創
打撃などの外力により組織が挫滅した創。創面は粗雑であり、縫合は一般的に困難である。壊死組織のデブリードマン(除去)や創保護を主とする治療が行われ、肉芽組織の増殖による自然治癒を待つ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』