J-Medical 医学事典

トップページ > 整形外科 > 捻挫


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_432.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_432.html on line 43

捻挫

捻挫は、関節がはずれかかり、元に戻るもので、これにより関節包、靭帯、腱が損傷を受ける。

【原因 Cause】
足首や膝等の関節に、足をひねる等して、大きな力が加わることで起きる。

【症状 Symptoms】
・関節の痛みと腫れ
・関節部分の内出血

【治療 Treatment】
消炎鎮痛剤の使用、温熱療法をし、ギプス、サポーターで固定する。手術の場合もある。



捻挫に陥る場所は多用される関節に限らず、頚椎や腰椎など、骨と骨を繋ぐ場所ならば何処でも起こり得る。骨は元来硬いものであるから、それらを繋ぎ支える関節部に衝撃が集まりやすく傷害を受けやすい。また関節自体動かせる範囲が決まっており、加えて継続して力のかかる動きには弱く、運動時に限らず日常生活でも捻挫はよく引き起こされる。ぎっくり腰やムチウチ症などは日常生活で起こりうる捻挫の凡例である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』