J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 黄色ブドウ球菌性中毒症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_394.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_394.html on line 43

黄色ブドウ球菌性中毒症

黄色ブドウ球菌性中毒症は、黄色ブドウ球菌によって発症する。

【原因 Cause】
皮膚や喉にある黄色ブドウ球菌が、食品に付着して毒素を生成し、この食品を食べることで発症する。

【症状 Symptoms】
・吐き気、激しい嘔吐
・激しい腹痛
・下痢

【治療 Treatment】
胃洗浄や下剤を使う。治療の必要がない場合が多い。



2005年現在、ブドウ球菌属の細菌は35菌種に分類されている。これ以前の最も初期の分類では、コロニーの色調によって「白色ブドウ球菌」「黄色ブドウ球菌」「橙色ブドウ球菌」に分けられていたが、その後「表皮ブドウ球菌」「黄色ブドウ球菌」「腐性ブドウ球菌」の3菌種に改名された。また、血漿を凝固させる働きを持つタンパク質であるコアグラーゼを産生するかどうかが、ヒトに対する病原性と密接に関連しているため、コアグラーゼ陽性(コアグラーゼを産生する)、コアグラーゼ陰性(産生しない)の二群に大別することも医学分野では慣用的に行われてきた。しかし、これらの初期の分類はいずれも大まかなものであり、遺伝学的分類法の導入によって生物学的には35菌種に分類されていて、約15種がヒトから分離されることがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』