J-Medical 医学事典

トップページ > 性病科 > 鼠径リンパ肉芽腫


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_391.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_391.html on line 43

鼠径リンパ肉芽腫

鼠径リンパ肉芽腫は、クラミジアの感染で起こる。

【原因 Cause】
性行為によって感染する。

【症状 Symptoms】
潜伏期間は2週間程度である。

・外陰部に小さな潰瘍
・鼠径部のリンパ節の腫れ、化膿
・リンパ浮腫、直腸狭窄
・陰部の肥厚

【治療 Treatment】
ドキシサイクリンまたはミノサイクリンを使用する。

【PR 】 性感染症の全て



日本の現状
かつては性病防止法に挙げられていた(梅毒・淋病・軟性下疳に続く性病という意味で第四性病という名が付いた)ほど多発していた性行為感染症の1種であったが、現在では極めてまれな疾患となっている。国内で感染することはまず無いと考えてよく、ほとんどが海外(特に発展途上国)で感染する輸入感染症である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』