J-Medical 医学事典

トップページ > 呼吸器内科 > 気管支喘息


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_39.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_39.html on line 43

気管支喘息

気管支喘息は、気管支内が狭り、空気が通りにくくなるため、呼気が音を発するものである。

【原因 Cause】
主な原因は、アレルギーと言われるが、他にウイルスや細菌感染等も考えられている。気管支が少しの刺激に過敏になり、刺激で収縮して気管支粘膜が腫れるために気管支内が狭くなる。このため、喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難となる。発作の誘引は、かぜ、気管支炎等の他、急激な気温の変化、花粉やほこり等の異物がある。

【症状 Symptoms】
・喉、胸の詰まり
・喘鳴
・呼吸困難
・咳、痰

発作は、明け方にかけて、突然起こることが多い。

【治療 Treatment】
治療は原因療法と対症療法があり、根治のための原因療法として、特異的減感作療法(免疫療法)と非
特異的変調療法がある。喘息の発作を止める対症療法としては、気管支拡張剤や咳止め等の薬剤投与が中心となる。ひどいときは副腎皮質ステロイド系の薬剤を使う。



2004年の試算で、世界に3億人の喘息患者がおり、年間255,000人が喘息で死亡している。また喘息死の80%以上は低~中低所得国で発生しており、今後10年間で喘息死はさらに20%増えるだろうと予測されている。喘息の有症率は 1~18%程度と国によって報告にばらつきがあるが、多少強引にまとめると、先進国で5~10%程度、発展途上国では1~4%程度である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』