J-Medical 医学事典

トップページ > 性病科 > 膣カンジダ症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_389.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_389.html on line 43

膣カンジダ症

膣カンジダ症は、病原体のカンジダの感染によって起こる。

【原因 Cause】
性行為によって、カンジダが膣内で異常繁殖し、炎症を起こす。抗生物質や避妊ピルの長期使用等で、病原菌への抵抗力が落ちると感染しやすい。

【症状 Symptoms】
・おりものに白いものが混じる
・外陰部に強い痛み、赤く湿る

【治療 Treatment】
膣内洗浄、イミダゾール系抗真菌剤、軟膏等で治療する。性行為の相手も治療を要する。再発しやすいので、完治するまで続ける。

【PR 】 性感染症の全て

カンジダ(Candida)というのは、酵母の姿の菌類の属名である。無色の不完全酵母に対してこの名が与えられる
酵母は単細胞性の菌類の総称であり、分類上の群ではない。いわゆる出芽酵母など、多くのものが子嚢菌類に属するが、担子菌系の酵母も発見されている。これらの判断はその酵母の有性生殖の姿(テレオモルフ)を観察しなければわからない。しかし、それが発見されないものもある。そのような場合、菌類の分類においてはそれをアナモルフ菌(不完全菌)と位置づけ、それに学名を与えることが認められている。そこで、酵母の場合もそれにならい、不完全酵母という。かつてはこれに分類単位としての位置を与え、不完全菌門不完全酵母綱と呼んだが、現在はこのような扱いは行わない。不完全菌の位置はあくまで仮のものであり、正しい分類上の位置がどこかにあるはずだからである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』