J-Medical 医学事典

トップページ > 性病科 > 尖圭コンジローム


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_386.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_386.html on line 43

尖圭コンジローム

尖圭コンジロームは、ヒトパピローマウイルスの感染で起こる。

【原因 Cause】
ウイルスの感染で、外陰部にイボができる。

【症状 Symptoms】
潜伏期間は2~3ヶ月である。

・男性・・・亀頭根元に米粒大のイボ状の突起ができる、炎症でかゆみ、痛み
・女性・・・外陰部から肛門周囲に米粒大のイボ状突起

他への感染や子宮がん等の関連から、注意が必要である。

【治療 Treatment】
抗腫瘍剤を使う。外科的治療をすることもある。

【PR 】 性感染症の全て



予後
一般に予後はよいが完治するまで長期となる。
次々と再発するので治療しても根気が必要となってくる。女性の場合は症状が無くなり、細胞診による結果が陰性となれば完治と考える。男性の場合は症状が無くなってから半年以上新しい症状が見られなければ完治したと考える。
またこのウイルスは上皮にのみ感染するため、免疫系等に記憶されることは無いことから、完治してもウイルス感染者と接触すれば同じようにまた感染する。パートナー双方が完治しない限り感染を繰り返す。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』