J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 広節裂頭条虫症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_380.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_380.html on line 43

広節裂頭条虫症

広節裂頭条虫症は、条虫の幼虫が体内に入り、成虫となって起こるものである。

【原因 Cause】
生のマスやサケを食べることで感染する。成虫になると、最長10mに及び、腸に寄生する。

【症状 Symptoms】
・嘔吐
・下痢
・腹痛
・貧血

【治療 Treatment】
カマラかプラジカンテルを服用する。



分布
世界的に広く分布する。
下に示すように第2中間宿主がマス、サケ、カワカマスなどの魚類であるため、これらをよく食べる地域に多い。
日本、ロシア、スイス、ドイツ、イタリア、アラスカ、チリやバルト海沿岸諸国などで多く報告される。
日本では年間感染報告者数第3位の寄生虫である(第1位はアニサキス、第2位は横川吸虫)。

日本周辺に分布する個体群は分類学の研究により、別種の日本海裂頭条虫(Diphyllobothrium nihonkaiense)である。陰茎嚢と外貯精嚢の位置関係が違い、肉眼での識別は困難である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』