J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 回虫症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_379.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_379.html on line 43

回虫症

回虫症は、回虫の卵が体内に入り、孵化して寄生することで起こるものである。

【原因 Cause】
回虫の卵のついた食べ物から感染し、孵化した後、腸に寄生する。近年、衛生環境の向上で発症が激減している。

【症状 Symptoms】
・下痢、腹痛
・腸以外の臓器・・・その臓器関連の症状

【治療 Treatment】
ピランテルパモエイトの駆虫が主である。



特徴と生態
一般に寄生動物では、体を固定する構造が発達する。他方、特に内部寄生虫では、使う必要のない運動器官、感覚器官、消化器官が退化する。また、生殖器官も発達する場合が多く、生殖器官だけになってしまうような例も見受けられる。

寄生虫にとって大きな問題は、宿主間をどうやって移動するかである。特に内部寄生虫の場合、生活環のどこかで宿主間の移動をしなければならないが、大型のものでは、簡単な方法が少ない。 たとえばギョウチュウは、宿主の肛門周辺に産卵し、卵が手から手へと移るので、比較的簡単に宿主間を移動するが、カイチュウでは、卵は大便とともに体外に出、野菜等に付着することで食物として他人の口に侵入する。日本では、現在では糞便を肥料にすることがほとんどないので、カイチュウは激減している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』