J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 無鉤条虫症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_376.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_376.html on line 43

無鉤条虫症

無鉤条虫症は、条虫の幼虫が体内に入って成虫となり、病気を起こすものである。

【原因 Cause】
生の牛肉を食べることで感染する。条虫の幼虫は、腸に寄生し、4~10mもの長さの成虫になる。

【症状 Symptoms】
・腹痛
・下痢
・体重減少

【治療 Treatment】
カマラやプラジカンテルを服用する。



無鉤条虫(むこうじょうちゅう)とは、ヒトの腸に寄生する人体寄生虫の一種である。条虫(いわゆるサナダムシ)の一種。

いくつもの体節がある。頭節には万能細胞が存在し、強い再生能をもつため、途中で切れてもまた再生する。雌雄同体である。感染源は、生の牛肉(タルタルステーキ、ユッケなど)。自覚症状はあまりないが、肛門から虫(切れた体節)が出てくる。ダイエットなどに用いられることがあるが、危険なのでやめたほうが良い。治療にはプラジカンテルが有効である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』