J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 日本住血吸虫症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_368.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_368.html on line 43

日本住血吸虫症

日本住血吸虫症は、日本住血吸虫の幼虫、セルカリアが体内に寄生して病気を起こすものである。

【原因 Cause】
セルカリアが寄生するミヤイリガイが原因である。皮膚から肝臓、腸の血管に寄生して成虫となり、病気を起こす。現在はミヤイリガイの絶滅で新たな感染はない。

【症状 Symptoms】
・皮膚炎
・血便
・貧血
・肝硬変
・脾臓の腫れ

【治療 Treatment】
プラジカンテルやアンチモン剤を使う。



日本における過去の有病地
日本では、古くから山梨県国中地域、福岡県、佐賀県の筑後川流域、広島県深安郡片山地区の風土病として知られていた。山梨県ではこれを「地方病」と呼び、古くは「流行地には娘を嫁に出すな。」という地域差別にまで発展したことを伺わせる話も伝わる。同県では、日本住血吸虫対策を行ったことで、肝硬変による死亡率が約2/3にまで激減するほど人々の生命を脅かす存在だった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』