J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 肺吸虫症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_367.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_367.html on line 43

肺吸虫症

肺吸虫症は、肺吸虫の幼虫が肺で成虫となって、病気を起こすものである。

【原因 Cause】
肺吸虫のうち、日本に多いのは、ウェステルマン肺吸虫と宮崎肺吸虫の2つである。アメリカザリガニ、サワガニ等に寄生し、これを生で食べると、体内に幼虫が入る。

【症状 Symptoms】
・喀血
・血痰
・発熱
・胸痛
・倦怠感
・自然気胸
・胸水貯留

・脳・・・てんかん、半身麻痺

【治療 Treatment】
プラジカンテルを使う。



吸虫(きゅうちゅう)は、扁形動物門吸虫綱に属する動物の総称で、寄生虫の一種。ジストマともいう。寄生動物で、魚類から陸上脊椎動物まで、多くの動物を最終宿主とするものが知られている。

二口虫とも言われる。この名は、口吸盤と腹吸盤を両方とも口だと思って、di(2)stoma(口)と呼んだことに起因する。

人間を宿主とするものには、肺吸虫・肝吸虫・腸管吸虫・横川吸虫・日本住血吸虫などがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』