J-Medical 医学事典

トップページ > 感染症科 > 敗血症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_361.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_361.html on line 43

敗血症

敗血症は、身体内の細菌が血中で増殖して、全身に感染するものである。

【原因 Cause】
膠原病、がん、白血病等で、血液の免疫力が落ちたときに感染する。身体内の大腸菌、連鎖球菌、ブドウ球菌等が血中で増殖し、全身を循環して、臓器、組織に感染する。

【症状 Symptoms】
・寒気
・汗
・高熱

・急性・・・血圧降下、無尿、意識障害、細菌性ショックで数時間で死ぬこともある。

・肺・・・気管支炎、肺炎
・心臓・・・心内膜炎

【治療 Treatment】
抗生物質を投与する。



症候
全身の炎症を反映して著しい発熱、倦怠感が出現する。進行すれば意識障害をきたす。DICを合併すると血栓が生じるために多臓器が障害され、また血小板が消費されて出血傾向となる。起炎菌が大腸菌などのグラム陰性菌であると、菌の産生した内毒素(エンドトキシン)によってエンドトキシンショックが引き起こされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』