J-Medical 医学事典

トップページ > 感染症科 > コレラ


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_358.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_358.html on line 43

コレラ

コレラは、コレラ菌が小腸で繁殖して起こる感染症である。

【原因 Cause】
コレラ菌が口から入り、小腸で繁殖するのが原因である。2類感染症で、多くは海外で感染する。

【症状 Symptoms】
・エルトール型コレラ(軽症)・・・ひどい下痢

その他は、潜伏期間が数時間~1週間である。
・嘔吐と激しい下痢
・水様便
・脱水症状
・呼吸が速まる
・脈拍が弱まる
・手足が冷たくなる

【治療 Treatment】
輸液やブドウ糖で脱水症状の治療をし、抗生物質を投与する。



名称
コレラという名前は、ヒポクラテスが唱えた四体液説の中の一要素である、黄色胆汁を意味するcholeに由来する。四体液説では人間の体液を四元素説に対応した四種類(血液、粘液、黄色胆汁、黒色胆汁)に分類したもので、黄色胆汁は四元素のうち「火」に対応した、熱く乾いた性状を持つものと考えられていた。コレラは当初、この性状に合致する熱帯地方の風土病だと考えられており、また米のとぎ汁様の下痢が胆汁の異常だと考えられたことから、この名がついた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』