J-Medical 医学事典

トップページ > 感染症科 > 細菌性赤痢


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_355.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_355.html on line 43

細菌性赤痢

細菌性赤痢は、赤痢菌が大腸で繁殖し、粘膜に潰瘍ができるものである。

【原因 Cause】
赤痢菌が、食べ物や水から体内に入ることで起こる。2類感染症である。東南アジア等からの輸入感染が増加している。

【症状 Symptoms】
潜伏期間は5日以内である。

・食欲不振
・高熱
・下腹部の痛み
・下痢

【治療 Treatment】
抗生物質を投与し、食事療法を実施する。



日本において、細菌性赤痢は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の二類感染症に指定されており、感染が確認されたら医師は速やかに保健所に報告する義務があり、拡散を防止するために状況応じて隔離入院させる必要がある。治療には対症療法による全身状態の改善と、抗菌薬による除菌を図る。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』