J-Medical 医学事典

トップページ > 感染症科 > 黄熱病


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_352.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_352.html on line 43

黄熱病

黄熱病は、黄熱ウイルスの感染で起こる。

【原因 Cause】
黄熱ウイルスは、南米、アフリカのネッタイシマカに刺されて感染する。

【症状 Symptoms】
1週間以内の潜伏期間である。

・高熱
・嘔吐
・頭痛
・熱
・黄疸
・黒色吐血

・重症・・・無尿、心不全合併で死亡

【治療 Treatment】
黄熱病ワクチンで予防する。発病後は対症療法を行う。



流行地域や流行可能地域では入国に際して公的機関発行による国際予防接種証明書(イエローカード)を求められることがある。イエローカードが有効なのは接種10日後から10年間であり、再びイエローカードを取得するには再接種しなければならないが、免疫自体は再接種せずとも健康者においては終生持続するのではないかとする見方がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』