J-Medical 医学事典

トップページ > 膠原病・リウマチ科 > 混合性結合組織病


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_348.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_348.html on line 43

混合性結合組織病

混合性結合組織病は、2つ以上の膠原病が合併する、膠原病のひとつで、特殊な自己抗体を持つ場合に起こるものである。

【原因 Cause】
30代女性に多く発症する。慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症等の膠原病が2つ以上合併し、患者の血清中に抗RNP抗体という特殊な自己抗体がある場合に発症する。

【症状 Symptoms】
原因となる膠原病の症状が出る。

・レイノー現象
・指、手の甲がふくらむ
・関節痛、関節炎
・筋肉痛
・リンパ腺の腫れ
・顔面紅斑
・肺繊維症、肺高血圧
・食べ物が飲み込みにくくなる

【治療 Treatment】
副腎皮質ホルモン剤投与を中心に、各膠原病の対症療法をする。



定義
全身性エリテマトーデス(SLE)、全身性強皮症(SSc)、多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)の3疾患の症状を混合して持つ疾患である。血管病変や炎症、線維症などを引き起こす。全身性強皮症の1病系であるという説もあり、アメリカではその説が多くの支持を集めている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』