J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 食物アレルギー


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_345.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_345.html on line 43

食物アレルギー

食物アレルギーは、消化吸収された食物が抗原となって、抗体ができ、過剰な反応が起きるものである。

【原因 Cause】
主な抗原となるものは、牛乳、卵、マヨネーズ等の乳製品、そば、大豆等である。他に、きゅうり、りんご、トマトや、サバ、タケノコ等、サリチル酸塩、ヒスタミンを含む食物も抗原となる。

【症状 Symptoms】
・胃痛
・吐き気
・嘔吐
・発熱
・じんましん
・かゆみ
・頭痛
・めまい
・アナフィラキーショック

【治療 Treatment】
抗原となる食物を食べない。抗アレルギー剤、胃腸薬、抗ヒスタミン剤、抗コリン剤等を対症療法で使う。重症には副腎皮質ステロイド剤を使う。



食物アレルギー(しょくもつアレルギー)とは、特定の食品を飲食することで体内に取り込まれ、アレルギー状態が発生する免疫反応を言う。
食品によっては、アナフィラキシーショックを発生して命にかかわることもある(特にそばが多い)ため、食品衛生法で、下記の成分を含む食品については特定原材料として、表示の義務付けや推奨が規定されている。
表示はカタカナやひらがな表記のほか【 】内のような別名や、主原料の食品名(パン、うどん、マヨネーズなど)で表示されることがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』