J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 薬物アレルギー


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_344.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_344.html on line 43

薬物アレルギー

薬物アレルギーは、薬剤がアレルゲン(抗原)となって、アレルギー反応を起こすものである。

【原因 Cause】
解熱・鎮痛剤、かぜ薬、胃腸薬、抗生物質、抗菌剤、ワクチン等、多くの薬剤が原因となる。

【症状 Symptoms】
・発疹、かゆみ
・発熱
・関節痛
・神経障害
・嘔吐
・ぜんそく
・アナフィラキシーショック

【治療 Treatment】
原因となる薬剤使用を止める。改善されない場合は、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ステロイド剤等を使う。アナフィラキシーショックの場合、生命の危険があるので、応急措置を要する。




アレルギー疾患
外部からの抗原に対し、免疫反応が起こる疾患。ただしその抗原は通常生活で曝露される量では無害であることが多く(たとえば春先の花粉そのものが毒性を持っているわけではない)、不必要に不快な結果をもたらす免疫応答が起こっているといえる。 アレルギー性疾患とも言う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』