J-Medical 医学事典

トップページ > 膠原病・リウマチ科 > 強皮症(全身性進行性硬化症)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_342.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_342.html on line 43

強皮症(全身性進行性硬化症)

強皮症(全身性進行性硬化症)は、皮膚、内臓が次第に繊維化して硬化していくものである。

【原因 Cause】
免疫異常と関連するが、原因ははっきりわからない。

【症状 Symptoms】
・指先が白から紫に変化(レイノー現象)
・皮膚硬化・・・指、顔、首、腹部の腫れ、硬化
・食道炎、腸閉塞(消化器系)
・せき、息切れ、肺高血圧症(肺)

【治療 Treatment】
血管拡張剤、D-ペニシラミン等で対症療法を行う。



本症の呼び名として、全身性強皮症、全身性硬化症、全身性進行性硬化症の三つの呼び方がある。「進行性-」については、かならずしも本症が進行性ではないので現在は用いられない。全身性強皮症は、冒頭に述べたとおり厚生省の用いている病名である。一方全身性硬化症Systemic sclerosis(SSc)は、欧米の文献によくみられる。日本国内の一般の医療従事者は、おそらく混在して使用している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』