J-Medical 医学事典

トップページ > 膠原病・リウマチ科 > 移植片対宿主病


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_336.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_336.html on line 43

移植片対宿主病

移植片対宿主病は、免疫抑制療法を受けている人や、白血病、先天性免疫不全の人が、骨髄移植や輸血を受けて、臓器障害が起こるものである。

【原因 Cause】
移植骨髄や輸血血液が身体内部を攻撃することで、臓器障害が起こる。細菌、ウイルスの感染症を併発する場合もある。免疫機能がなくなるためである。

【症状 Symptoms】
膠原病と症状が似ている。

・発熱
・紅斑
・肝機能障害
・黄疸
・発疹
・口内炎
・角膜炎
・大腸、食道障害
・肝臓障害

【治療 Treatment】
免疫抑制剤、副腎皮質ホルモン剤等を服用し、これ以外に予防措置もとる。



予防
輸血製剤への放射線照射
リンパ球を失活させる方法であり、非常に有効。
自己血輸血を行う
近親者間での輸血を避ける
不必要な輸血を行わない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』