J-Medical 医学事典

トップページ > 膠原病・リウマチ科 > 続発性免疫不全症候群


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_332.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_332.html on line 43

続発性免疫不全症候群

続発性免疫不全症候群は、抗体の作用が低下して、免疫反応がうまく機能しなくなる免疫不全症候群のひとつで、後天的な疾患等が原因となるものである。

【原因 Cause】
悪性腫瘍や白血病、再生不良性貧血、膠原病、ウイルス感染等が原因となる。抗がん剤や副腎皮質ホルモン剤、放射線照射等が、免疫不全を起こす場合もある。高齢者、子供の発症が多い。

【症状 Symptoms】
原因となる疾患の症状が出る。

【治療 Treatment】
免疫不全には、欠落している抗体や酵素の補給を行い、原因疾患の治療も行う。



免疫(めんえき)とは、病原体などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。精密かつダイナミックな情報伝達を用いて、細胞、組織、器官が複雑に連係している。稀に、免疫制御機構の異常から自己成分に対しても免疫が発動されることもあり、自己免疫疾患という。抗体による免疫応答が過敏に働き、逆に生体に不利益をもたらした場合を、アレルギーという。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』