J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 褐色細胞腫


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_328.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_328.html on line 43

褐色細胞腫

褐色細胞腫は、髄質に腫瘍ができ、カテコールアミンの分泌が過剰になるものである。

【原因 Cause】
カテコールアミンは副腎髄質から分泌されるホルモンで、血糖の増減や血圧の上下に関与する。このホルモンの分泌が過剰となって起きる。

【症状 Symptoms】
・血圧が上がる
・頭痛
・動悸
・発汗
・顔面蒼白
・体重減少
・便秘
・立ちくらみ

【治療 Treatment】
降圧剤で血圧を下げ、腫瘍摘出手術をする。



治療
腫瘍摘出術が第一選択。開腹手術をすることが一般的だが、コントロールが良好で悪性腫瘍の疑いがない場合は腹腔鏡下での摘出も行われる。
術前に十分量のα1遮断薬やβ遮断薬を投与し、血圧コントロールを行う。α1遮断薬を投与して血管拡張させ、不整脈や頻脈が生じたらβ遮断薬を投与する。β遮断薬の単独投与は血圧上昇を招くため禁忌。
術中は血圧や脈拍、血糖をモニターする必要があるほか、循環血液量が減少しているため十分な輸液を行う。高血圧クリーゼを起こした場合はフェントラミンを静注する。
術後はカテコールアミンの分泌量が急激に低下するために急激に低血圧になることがある。そのときはノルアドレナリンを投与して是正する。
悪性褐色細胞腫の場合は、転移があり根治手術は望めない。手術により出来るだけ腫瘍を取り除き、抗癌薬による化学療法、動脈塞栓療法、放射線療法(MIBG内照射療法)などにより、高カテコールアミン血症の抑制をめざす。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』