J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 低カルシウム血症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_322.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_322.html on line 43

低カルシウム血症

低カルシウム血症は、血中カルシウムが、1㎗当たり8.5㎎以下となって、正常より極端に低くなるものである。

【原因 Cause】
原因は、悪性腫瘍や低マグネシウム血症、慢性腎不全、ネフローゼ症候群、ビタミンD欠乏症等の疾患である。

【症状 Symptoms】
・神経、筋肉の興奮
・手足の先、口の周囲のしびれ
・手指が動かない(テタニー発作)
・精神神経症状
・消化器症状
・低血圧
・不整脈

【治療 Treatment】
原因疾患の治療をする。カルシウム剤、ビタミンD剤の投与等をする。




低カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)は、血清中のカルシウム濃度が低い状態。
代表疾患
急性膵炎
膵臓から漏れ出した膵液が周囲の脂肪組織を溶かす。脂肪から分解してできるトリグリセリドが血中のカルシウムイオンと結合してしまう結果、活性型カルシウム濃度が低下する。
慢性腎不全
ビタミンDの代謝障害によって血清カルシウム濃度が低下する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』