J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > ビタミン過剰症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_321.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_321.html on line 43

ビタミン過剰症

ビタミン過剰症は、脂溶性のビタミンA・D・E・Kが過剰となって、障害を起こすものである。

【原因 Cause】
ビタミンA・D・E・Kを必要以上に摂取し、体内に蓄積されることで起こる。

【症状 Symptoms】
・ビタミンA過剰・・・吐き気、頭痛、不安、食欲不振、皮膚のかゆみ、脱毛
・ビタミンD過剰・・・食欲不振、嘔吐、発熱、多尿、尿毒症、臓器へのカルシウム沈着

【治療 Treatment】
輸液やステロイド剤投与をする。




ビタミンの機能(役目)
ビタミンの多くは生体内では酵素がその活性を発揮するために必要な補酵素として機能するため、その欠乏症はそれを補酵素として利用する酵素が関与する代謝系の機能不全として現れてくる。補酵素が酵素の活性中心の重要な機能を担っている事を考慮すると、しばしばビタミンの機能を表す「潤滑油」のたとえは生理学的には適切ではなく、むしろ工作機械に装着される工具に相当する機能を担っていると言える。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』