J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > ヘモクロマトーシス


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_319.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_319.html on line 43

ヘモクロマトーシス

ヘモクロマトーシスは、小腸の鉄吸収が過剰になり、臓器に溜まって機能障害を起こすものである。

【原因 Cause】
貧血、肝疾患、大量飲酒、輸血等が原因となる続発性と、原因が不明の特発性のものがある。

【症状 Symptoms】
・皮膚の色素沈着
・糖尿病
・肝硬変
・心不全
・不整脈

【治療 Treatment】
原因疾患の治療をする。血液の抜き取りをして、鉄代謝異常を治療する。



概要
体内に溜まった不要物や有害物を、血液と共に外部に排出させる事で、健康を回復できるとかつては考えられていた。初期の頃には創傷などによって皮下に溜まった膿を排出させるため、一度癒着した創傷部を切開した事に由来するといわれている。また鬱血によって皮下に溜まった血液を排出させる事で、治癒を促すともいい、中国医療の鍼では、患部に小さな傷を付け、陰圧にしたガラス製の小さな壷を付け、血を吸い出す療法もあるが、血液を体外に出す是非に関しては、現在の所では効果の程は不明であるとされる。
なお現在の日本では、患者の体に傷を付けることになるのは医療行為にあたり、同療法を行うためには医師であることが必要とされる。無資格で行えば医師法違反(無資格医業)により処罰の対象となる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』