J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 下垂体機能低下症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_317.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_317.html on line 43

下垂体機能低下症

下垂体機能低下症は、脳の下垂体から分泌されるホルモンの分泌が異常に低下するものである。

【原因 Cause】
下垂体から分泌される、副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン、成長ホルモン、プロラクチン等の分泌が極端に低下することで起こる。

【症状 Symptoms】
・性腺刺激ホルモン・・・ひげが伸びない、インポテンツ、無月経
・低血糖
・低ナトリウム血症
・急性副腎不全

【治療 Treatment】
不足ホルモンを補給する。



下垂体の全てのホルモンの分泌が低下している病気。この病気にかかった患者の臨床像をひとことで言うならば、「元気がない」。副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、プロラクチンの低下を反映した症状を示す。成人に起こる場合、成長ホルモンの分泌低下を示す明らかな症状はない。
原因は、頭蓋咽頭腫による下垂体の圧迫や、結核、サルコイドーシス、シーハン症候群、転移性悪性腫瘍など。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』