J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > ポルフィリン症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_316.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_316.html on line 43

ポルフィリン症

ポルフィリン症は、ヘモグロビンを構成する生体色素のポルフィリンが異常に増加するものである。

【原因 Cause】
ポルフィリンが異常に増加して、尿として大量排泄されたり、体内に蓄積されて起こる。

【症状 Symptoms】
・日焼けしやすくなる
・水泡
・じんましん
・便秘
・吐き気
・不眠

【治療 Treatment】
血を抜き取るのが有効である。



ポルフィリンを合成するには、ピロールとアルデヒドを酸性条件で縮合させるのが一般的である。用いるアルデヒドを変化させることで、ピロール間の炭素上(メソ位)へ、またピロールの誘導体を使うことでピロール上へ様々な置換基を導入することができる。ただし、この方法では他にも多くのピロール重合体が生成するため、収率はあまり高くない。
ピロールから多段階で合成を行うことで、非対称的なポルフィリン化合物を合成することも可能である。また、ポルフィリンをユニット構造とするポリマー(ポルフィリンアレイ)の合成も行われている。
金属錯体にする場合は、ポルフィリンを適当な金属塩と共に加熱するだけでよいことが多い。ただし、金属の酸化数によっては全く反応が進行しない。また、系中が酸性になるとピロールの窒素にプロトンが配位してしまい、反応が進行しなくなるため、若干の塩基を加える場合がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』